大きいサイズのオーダーカーペット

和室の場合、床は畳が定番なので悩むことは無いですが、洋室の場合はタイル、フローリングなど色々なパターンがあります。タイルやフローリングは掃除がしやすく、耐久性が高いのでメリットは多いのですが、冬に冷たい、転んだときに怪我をしやすいというデメリットもあります。なので、タイルやフローリングにはカーペットを敷くことをお勧めします。問題はカーペットのサイズですが、ホームセンターや、大型の家具店でよく見かけるカーペットのサイズは4畳、6畳、8畳、10畳などが一般的です。自宅の部屋の大きさに合わせて、ちょうど良いカーペットのサイズを選びます。仮にリビングルームが10畳の場合、カーペットのサイズは6~8畳くらいがちょうど良いでしょう。一家団欒の場所に早変わりです。

部屋の大きさに合わせてカーペットを選ぶ

ホームセンターや大型の家具店でも、ちょうど良いカーペットが見つからない場合もあると思います。例えば、「廊下に敷くための細長いカーペットが欲しい」、「リビングが20畳以上あるので大きめのカーペットが欲しい」、「少ないスペースで使うカーペットが欲しい」という場合もあると思います。このような場合、市販のサイズではちょうど良いものが見つからないので、オーダーカーペットを頼むことをお勧めします。オーダーカーペットは、希望のサイズ、希望の素材、希望の色で自分だけのカーペットを作ってくれるサービスです。このサービスだと、自宅の壁紙にあわせてカーペットの色や素材を選ぶことが出来るので、自宅をトータルでコーディネートしたい人にはピッタリです。カーペットの種類は無限大です。

オフィスにもピッタリの大きいサイズのカーペット

自宅で使用するカーペットは比較的サイズが豊富でネットや店舗で見つけやすいですが、見つけにくいのがオフィスなどで使用する大きいサイズのカーペットです。業務用のカーペットはインターネット通販でも購入できるのですが、いざ届いてみると「思っている色と違う」、「思っている素材と質感が違う」ということがあります。なので、やはりオーダーカーペットが良いです。縦、横のサイズも自分で決めることが出来ますし、色も何百種類の中から自分の希望に合った色を選択することが出来ます。素材もたくさんの中から自分の手で触れてみて決めることが出来ます。自分でこだわって作ったカーペットであれば、イメージとは違うということは無いです。カーペット選びで失敗したくない人はオーダーしてカーペットを作りましょう。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加